【千葉市緑区:焼肉】千葉の進化系老舗焼肉店「赤門」

グルメ

お昼に無性に焼肉が食べたくなったので、赤門おゆみ野店に行ってきました。
久しぶりの訪問でしたが、改めて赤門の良さを実感、千葉の焼肉と言えば赤門だなと思いました。

赤門のランチ、うまく使うと美味しいお肉をリーズナブルにいただけるので、ちょっと紹介したいと思います。

基本情報

店名焼肉赤門 おゆみ野店
住所千葉市緑区おゆみ野中央7-37-1
電話043-293-4129
URLhttps://akamonoyumino.owst.jp/
アクセス京成千原線おゆみ野駅徒歩約23分
営業時間11:00~20:00
定休日12/31-1/2
座席数テーブル席多数
駐車場あり
電子決済Suica、PASMO、iD、ApplePay、PayPay、LINEPAYなど
カード払あり
Wi-Fiなし
備考 

焼肉赤門とは?

千葉県の焼肉の老舗店です。
千葉で焼肉と言えば「赤門」と言っても過言ではないでしょう。

会社のHPをみると設立が1973年なんですね、知りませんでした。
年代が近いので親近感がわきます。
千葉市を中心に現在は県内11店舗。
このように地元に愛され続けて成長してきたって感じが好感が持てます。

今回3月の土曜日の12時頃おゆみ野店に行きましたが、やはりランチ時は人気店だけあって混んでます。駐車場はラスト1台止めることができました。

お店の雰囲気

待ち時間は20分くらいでした。
11時の情熱ランチのお客さんがはけてくる頃だったので、思ったよりは待ち時間は短かったです。


座席はボックスタイプのテーブルになっているのがうれしいですね。
これならお一人様でも存分に一人焼肉ができますね。
まだ一人焼肉はやったことないのですが、お客さんでいらっしゃいました。

タレは複数あって、バリエーションに富んでいます。

  • 会長GOのタレ
  • 新甘口タレ
  • 特性塩だれ
  • 濃厚辛口
  • レモンフレッシュ

おすすめは一番人気の会長GOのタレと特性塩だれですね。
この2つタレで交互に食べていくのがたまりません。

情熱ランチより赤門ランチを上手に使おう

赤門と言えば、11:00から30分限定の「情熱ランチ」660円が有名です。
情熱ランチはカルビ100g、お替り自由のごはん、スープ、キムチ、サラダがついてのこの値段なので、大変人気で時間帯がゆえにお客さんが集中しがちです。

我が家ではもう一つのよく「赤門ランチ」を利用しています。
赤門ランチは情熱ランチより値段は多少高くなりますが、それでも内容は充実していますし、17時まで利用できるが、最大のメリットです。

赤門ランチは、時間に余裕をもって利用できるのと、ちょっと早い夕食として安く焼肉が食べられるで、とてもいいサービスですよ。

赤門ランチの超大盛ランチ

超大盛ランチをいただきましたが、美味しいジューシーなカルビ250gとセットがついて、1,639円というのは、かなりリーズナブルです。

まとめ

赤門の魅力はこのお肉が安くいただけることです。

情熱ランチを利用するのも良いですが、赤門ランチをちょっと早い夕食に使えば、リーズナブルに美味しい焼肉が楽しめますね。

食べ放題の焼肉屋さんもいいですが、少食になってきた世代にオススメです。
千葉県内に11店舗ありますので、お近くの方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました